FC2ブログ

『こいも』 日々思うあれこれ

あれこれ日々思うこと、考えることを、書いています。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

『全国特定施設事業者協議会』の定例研究会で講演をします。 


来週の水曜日 19日、
特定施設入居者生活介護の団体である全国特定施設事業者協議会さんのお招きで、
総会後に行われる 『第一回定例研究会』 にて、講演をさせていただきます。

講演のタイトルは、
  『高齢者住宅の未来と特定施設 ~経営者の皆さんに伝えたいこと~』

わたしは、これまでも何冊かの本を書いてきました。ブログでも様々な意見を発表しています。
有料老人ホームの事業者だけでなく、特養ホームやサ高住を推進している事業者にとっては、
耳障りな話だと煙たく感じている人も多いことは、理解しているつもりです。
実際、『経営コンサルタントのくせに、なぜ高齢者住宅の経営に不利なことを言うのか・・』
と批判されることもあります。

私は評論家やコメンテーターではありませんから、
『社会保障制度はこうあるべき・・』 『今の高齢者住宅の制度は間違っている・・』と、
社会正義を振りかざしているわけではありません。

ただ、この業界に身を置く、経営コンサルタントとして、
『介護保険、この矛盾を突いたら儲かりますよ・・』という場当たり的・近視眼的な議論ではなく、長期的な視点から、高齢者住宅の公平な競争を通じて、業界・産業全体が健全に成長することを、強く求めているのです。

社会保障制度は、これまでになく大きな転換点を迎えています。
当然、その大きな波は、高齢者住宅事業者にとっても無関係ではありません。
マスコミでは、低価格のサ高住について好意的に伝えていますが、
なぜ低価格でできるのか・・・を考えれば、そのビジネスモデルのリスクは見えてくるはずです。

高齢者住宅に関する研修会やセミナーでは、
事業計画や経営ノウハウの実務についてお話しすることが多いのですが、
今回は、高齢者住宅事業についての全体像、その課題や未来について
わたしの思うことを、お話ししようと思っています。

講演に続いて行われる、パネルディスカッションや懇親会にも参加させていただきます。

たくさんの方にお目にかかれるのを楽しみにしています。












category: 日々のよしなしごと

TB: --    CM: --

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。