FC2ブログ

『こいも』 日々思うあれこれ

あれこれ日々思うこと、考えることを、書いています。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

はしゃいじゃって 良いのかな? 


昨日、日銀が打ち出した新たな量的金融緩和策に対して、
東京株式市場の日経平均は一日半で800円以上値上がりし、一時13200円台となり、
東京外国為替市場の円相場は、一ドル97円台となりました。

私は、金融や経済の専門家ではありませんが(一応、数年間は都市銀行におりましたが・・)、
日本の景気回復のためには、15年続くデフレからの脱却は不可欠であり、
そのためには、マーケットを驚かすくらいの金融緩和は必要なのかもしれません。

陰気な顔よりも、ウキウキ・ワクワクの方が楽しいことは間違いなく、
景気悪い話よりも、景気の良い話が好きなのは、みんな同じです。
特に、景気の良い話は、この20年くらい聞いていない人も多く、
待ちに待った・・景気が良くなりそうな話に、全国民が期待するのも無理からぬことです。
専門外のことをゴチャゴチャ言う気もなく、『景気良くなればいいなぁ・・』と思っています。

ただ、マスコミの報道を見ていて、少し気になるのが・・
『無駄の排除』『歳出削減』『プライマリーバランス』の話はどこ行ったのかなぁ・・ということ。

景気が良くなって、お父さんの給与が上がるかも・・という期待で胸は膨らんでいますが、
給与が本当に上がるのかどうかは未知数です。つぶれそうな取引先もあり、同業者からは喧嘩を吹っかけられており、マイナス局面も予想されます。
家計は現在、赤字続きで、これから爺さん婆さんの医療費や介護費用もかかります。
お父さんの給与アップを期待してウキウキするな・・とは言いませんが、その一方で真剣に家計の無駄をなくさなければ、早晩家計は破産することになります。

今の日本も同じことです。
景気・経済はイキモノです。Aという対策をとったから、A1という結果が出るわけではありません。
欧州経済は、相変わらず綱渡り状態ですから一つでも失敗すれば、円高が一気に進み、世界同時不況となることは間違いありません。日本経済と関係の深いお隣の韓国・中国の経済も停滞しており、この先が読めない状況です。グローバル経済の大きな波の中に浮かんでいるのですから、日本の金融政策・経済対策が変わるだけで、日本経済は良くなるというほど単純なものではありません。

それともう一つ。
今年の日本の国家予算は92兆円、これに対する収入は43兆円です。
どれだけ景気が良くなっても、税収が50兆円も増えることは100%ありません。
バブル経済の平成元年、平成2年の時でも、税収は60兆円です。
景気が良くなって税収が増えれば、それが社会保障にまわる・・というのは事実ですが、そのような原理原則が通用するような財政状況ではありません。収入の増加には限界があり、またそれは不確定要素の大きなものであることを考えると、抜本的な、『無駄の排除』『歳出削減』は、必ず必要なのです。

『浮かれてはいけない・・・』などと無粋なことを言う気はありませんが、
政治家のみなさん、日本の未来の子供たちのために、景気の良い話だけでなく、無駄の排除や歳出削減の話も真剣に進めていただきたい・・と切に願うのです。




category: 日々のよしなしごと

TB: --    CM: --

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。