FC2ブログ

『こいも』 日々思うあれこれ

あれこれ日々思うこと、考えることを、書いています。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

『たまゆら 火災死亡事故』 に見る 高齢者住宅の抱える闇 Ⅰ 


最近は、介護施設や高齢者住宅に関するニュースが、新聞やテレビでも報道されています。
ここ、数日の動きだけを見ても、
  『ワタミの介護の有料老人ホームでの死亡事故』
  『介護福祉士による入居者への放火』
  『静養ホーム たまゆら 死亡火災事故の裁判の判決』
  『グループホーム みらいとんでん の代表者 書類送検』  
など、いくつも挙げることができます。

単純に、『介護施設や高齢者住宅での事故やトラブルは多いんだなぁ・・』、
    『介護施設や高齢者住宅に対する社会的関心が高いんだなぁ・・・』  
と見ることもできるのですが、経営管理やリスクマネジメントの視点から、それらの事故・犯罪を3つの視点から整理しています。

一つは、『個人の問題・個人の犯罪』に分類されるものです。
上記の内、広島市の「ホスピス・ナーシングホーム『クリーム』」で発生した介護福祉士による放火で、入居者が亡くなったというケース。当然、事業者は使用者責任や管理責任を厳しく問われることになりますが、基本的には個人の犯罪です。

最近、特養ホームや有料老人ホーム内での虐待が社会問題となりつつありますが、他の人と一緒に仕事をしているときは真面目なのに、個別のケアになると、他のスタッフから見えないように入居者に暴言を吐いたり、排せつ介助を飛ばすという人がいます。類似の事件は、介護施設だけでなく、大学病院でも看護師による傷害事件が発生しています。虐待行為・犯罪行為が明らかになっても、『普段は、まじめでおとなしい人』『まさか、あの人が・・』ということも少なくありません。

二つ目は、『組織に起因する問題』だと考えられるものです。
介護虐待でも、個人の虐待ではなく組織的な虐待というものもあります。昨年、兵庫県の介護付有料老人ホームで家族が隠しカメラを設置して虐待事件を通報したというケースがありましたが、他の入居者やスタッフの前で、高齢者をバカにしたり、大声で罵ったり・・ということが許されるのは、他のスタッフから見て、その行為が異常なものではないから、つまり、その施設全体で虐待行為が蔓延しているからです。施設全体がこのレベルになると、自分たちが虐待をしている、犯罪行為に手を染めているということがわからなくなってしまいます。

介護事故も同じことが言えます。基本的には介護ミスはスタッフ個人に起因するものだですが、少ないスタッフ数で、実質的に不可能な業務量を行わなければならないケースや、介護事故に対して新人スタッフ研修が十分に行われていないケースなど、事業者の組織的な課題という側面も大きくなります。
ワタミの介護の有料老人ホームでの死亡事故については、『レストヴィラ赤塚 の 死亡事故について』 で述べましたので、繰り返しは避けますが、表面的にはスタッフ個人のミスですが、家族に対する隠ぺいなどの問題を考えると、組織に起因する問題だと言えるでしょう。

そして、もう一つが、『業界全体が抱える課題』して取り扱うべきものです。
これは、スタッフの個人的な問題・犯罪ではなく、一つの事業者だけの課題・犯罪ではなく、現在の高齢者住宅業界が抱える大きな社会問題です。
4年前に発生し、10人もの入居者が亡くなった『たまゆらにおける死亡火災事故』。
当然、これは、無届施設である『静養ホーム たまゆら』の一事業者としての問題という側面もあるのですが、それ以上に、現在の高齢者住宅関連制度の抱える問題、社会保障制度の公平性の欠如など、様々な社会的課題の歪の中で発生した事件であるという認識が必要です。このような不法で劣悪な無届施設が増えてきた背景というものを考えなければならないからです。

そして、最大の問題は、多数の高齢者が亡くなった悲惨な火災死亡事故から4年を経過したにも関わらず、その制度的欠陥は全く解消されておらず、逆に、その歪・問題はますます拡大しており、もはや手の付けられないところにきているということです。
それは、言われているような『特養ホームが足りない』『入居者を送り込んだ行政対応にも問題があった』といった表面的なものではありません。

『たまゆら 火災死亡事故』 はなぜ発生したのか、何が問題だったのか・・・
いま、その課題はどうなっているのか、第二のたまゆらは発生しないのか・・・

この事件から見える現在の高齢者住宅業界、社会保障制度の抱える問題、大きな闇について、『高齢者住宅に参入する事業者の認識の甘さ』 『制度的な』数回にわたって整理します。


【関連コラム】

  『たまゆら 火災死亡事故』 に見る 高齢者住宅の抱える闇 Ⅰ
  『たまゆら 火災死亡事故』 に見る 高齢者住宅の抱える闇 Ⅱ
  『たまゆら 火災死亡事故』 に見る 高齢者住宅の抱える闇 Ⅲ
  『たまゆら 火災死亡事故』 に見る 高齢者住宅の抱える闇 Ⅳ




category: 高齢者住宅に関すること

TB: --    CM: --

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。