FC2ブログ

『こいも』 日々思うあれこれ

あれこれ日々思うこと、考えることを、書いています。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

『サ高住』 と 『定期巡回随時対応型訪問介護看護』 Ⅱ ~報酬概要~ 


サ高住事業者から注目を集めている定期巡回・随時対応型訪問介護看護(長いので以下、巡回随時訪問介護看護)。その事業特性や高齢者住宅への適用、その事業リスクについて検討する前に、介護報酬や配置基準のごく簡単に整理します。

【介護報酬概要】
まずは、介護報酬の概要です。
前回述べたように、この介護報酬は、在宅高齢者を対象としていますが、通常の訪問介護・訪問看護のような出来高算定ではなく、月額の包括算定です。つまり、どれだけ訪問介護、訪問看護サービスを利用しても、随時対応サービスを利用しても、報酬額は一定です。

この巡回随時訪問介護看護の介護報酬は、【一体型】と 【連携型】の大きく二つに分かれています。
一体型は、訪問介護と訪問看護、どちらも一つの事業所が提供するタイプで、両方のサービスを利用する高齢者と訪問介護のみ利用する高齢者で、介護報酬が分かれています。一体型で訪問看護もサービス提供できるが、介護サービスしか必要ないという人には、低い報酬になるということです。
これに対して、連携型の場合、事業者は定期巡回・随時対応の訪問介護だけを担当し、訪問看護については、他の訪問看護事業者と連携の上でサービスを提供するというものです。一体型と違い、基幹となる定期巡回・随時対応訪問介護看護事業者は、訪問看護の機能をもっていません。介護利用者のみの単価を報酬として算定し、連携先の訪問看護事業所が新設の定期巡回・随時対応サービス連携型訪問看護費を算定することになります。

介護報酬の特徴を一言でいえば、要介護3よりも重度の要介護高齢者を主に対象としているということです。
区分支給限度額を基礎とした事前の介護週間計画に基づくポイント介助は、自分で身の回りのことができる要支援・軽度要介護高齢者に対応することはできますが、重度要介護状態に必要な見守り・声かけを中心とした短時間の隙間のケアや、日々の身体機能の変化に対応するための臨時(随時)のケアに十分に対応することができません。
そのため、今回の介護報酬では、要支援の高齢者は対象外となっていますし、要介護1・2といった軽度要介護高齢者に対する報酬も低く抑えられているのが特徴です。

訪問介護看護 単価


ここで整理が必要なのか区分支給限度額との関係です。
この巡回随時訪問介護看護で包括算定となるのは、一体型の介護看護利用者で訪問介護(夜間対応型含む)・訪問看護だけ、介護利用者のみの場合は、訪問介護(夜間対応型含む)だけです。通所系サービスや短期入所サービスは、残った区分集限度額内で利用することができます。

ただし、通所サービスを利用する場合、それぞれの巡回随時訪問介護看護の1日分の単価の一日分の2/3相当額が日割り減算され、短期入所生活介護を利用するときは、基本報酬の一日分相当額全額を減算して計算するという方法をとります。通所介護でも通所リハでも、一体型の介護看護利用者の場合、要介護1(201単位)~要介護5(661単位)×利用日数分が減算されるということです。

訪問介護看護減額


通所介護、通所リハの事業所は、その利用に応じてそれぞれの介護報酬が算定されることになります。当然、福祉用具貸与などの報酬も限度額内であれば算定可能です。これらの部分は出来高算定ですから、区分支給限度額を超えた場合は、その分が全額自費になります。

もう一つは、加算です。
加算の一覧を挙げておきます。

訪問介護看護 加算




【介護報酬 算定例】
上記の表の内、青色のマーカーは区分支給限度額の算定対象外です。
ちょっと、計算の一例を挙げてみます。

要介護4の独居高齢者(寝たきり)。
巡回随時訪問介護看護の一体型の介護看護サービスを利用している。
特別な看護サービス必要なし。地域関連加算なし。地域加算なし。
サービス提供体制強化加算(Ⅰ)、介護職員処遇改善加算(Ⅱ)。
週に二回、月に8回、入浴のためにデイサービスを利用している。・・と言うケース。


巡回随時訪問介護看護の事業者の収入は、
  {(25310単位+350単位)-(550単位×8日)} × 処遇改善104% = 22110単位

通所介護サービス事業者(5時間~7時間、入浴介助加算)の収入は、
  {(920単位+50単位)× 8日} = 7760単位

利用者負担は、区分支給限度額内なので
  (22110単位 + 7760単位) × 10円 × 10%  = 29870円

ということになるでしょうか。
(計算合っているでしょうか・・CPUも少しずつ回復しているのですが・・)






category: 介護報酬改定と高齢者住宅経営

TB: 0    CM: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://coimo01.blog.fc2.com/tb.php/189-52651fba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。