FC2ブログ

『こいも』 日々思うあれこれ

あれこれ日々思うこと、考えることを、書いています。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

介護事故とは何か ~介護事故の定義~ 


介護事故という言葉は、介護サービス事業者の間では一般的なものとなってきました。
しかし、『介護事故とは何か』 と聞かれると、転倒骨折や誤嚥などと事故事例を挙げることはできますが、その『定義』は明確ではありません。介護事故とは何か、どの範囲を示すのかは、法的責任やその対応策を検討するうえで基礎となるものです。まず、その定義から考えてみたいと思います。
ただ、介護事故という言葉の定義はこれが正しい・・というものではありませんから、私は介護事故を次のように考えている・・という程度でご理解ください。


手がかりがないと困るので、よく比較される医療分野の言葉から紐解くことにします。
新聞などでも、『医療事故』や『医療過誤』『医療ミス』という言葉が使われていますが、これらの用語の違いはわかるでしょうか。

厚生労働省リスクマネジメントスタンダードマニュアル策定委員会によると、
医療事故とは、
 『医療に関わる場所で、医療の全過程において発生するすべての人身事故で、
        以下の場合を含む。なお、医療従事者の過誤・過失の有無を問わない』 
 ① 死亡、生命の危険、病状の悪化等 身体的被害及び苦痛、不安等の精神的被害が生じた場合 
 ② 患者が廊下で転倒し負傷した事例のように、医療行為とは直接関係しない場合 
 ③ 患者についてだけでなく、注射針の誤刺のように、医療従事者に被害が生じた場合

医療過誤とは、
 『医療事故の一類型であって、医療従事者が医療の遂行において、
              医療的準則に違反して患者に被害を発生させた行為』   

と、定義されています。
つまり、医療に関わる場所で発生した身体的・精神的被害のあった人身事故はすべて医療事故であり、その中で医療従事者のミスによって発生したものは、医療過誤だということです。ただし、医療従事者のミスによるものでも、身体的・精神的被害のないもの、例えば、違う薬を飲ませたけれど状態に変化がなかったケースは、医療事故でも医療過誤でもなく、医療ミスだけが残るということになります。
一般的なイメージとては以下のようなものでしょうか。


医療事故とは


上記の定義は厚労省の委員会のもので、他にも定義をしているものがあり、その目的によって定義は違ってきます。厚労省の定義は、『行政への報告』が一つの目的ですから、『人身事故で被害があったもの・・』ということになるでしょう。

この医療事故・医療過誤の定義を基礎として介護事故の定義を考えたいと思いますが、高齢者住宅・介護施設の事業特性を勘案し、3つの点を修正します。

ひとつは、介護看護スタッフの被害は、介護事故から分離させるということです。
介護スタッフに被害が生じた事故は、様々なケースがありますが、介護労働の性格上、単一の事故で生じるもものばかりではなく、腰痛など介護労働の積み重ねによって発生するものも少なくありません。事故に対する対策も基本的には違います。介護サービス提供中に発生した事故であっても、スタッフの受ける労務災害は介護事故とはわけて考えます。

二つ目は、管理すべきは有害事故だけではないことです。
多くの事業所で、事故に関する報告書を策定していますが、転倒事故で怪我があれば『事故報告書』、怪我がなければ『ヒヤリハット報告書』 という話をよく聞きます。『怪我がなくてよかった』というのはその通りですが、それが『ラッキー・アンラッキー』という風にとらえてしまうことは間違いです。サービス管理の視点からは、怪我の有・無ではなく、その原因となった事象を正確に、厳しくとらえることが必要です。

もう一つは、場所です。
基本的には、介護事故は介護施設内、高齢者住宅内で発生した事故ですが、外出イベントなどで発生した事故も含まれます。また、認知症の高齢者が無断でフラフラと屋外に出て、転倒したり交通事故に巻き込まれるという事態も想定しておかなければなりません。逆に、入院中や家族との外出・外泊中に発生した事故については、事業者のサービス管理下にあるとは言えません。

以上の点を踏まえ、
介護保険施設・高齢者住宅事業において、サービス管理上、管理すべき介護事故とは、

 『事業者のサービス管理下にある入居者・入所者に発生するすべての事故』
  ① 死亡・生命の危険・怪我等 身体的被害及び苦痛、不安等の精神的被害が生じた事故  
  ② ①の可能性があった事故
  ③ 介護看護関連スタッフの過誤・過失の有無を問わない      

と定義したいと思います。




介護事故・介護事故報告書の書き方については、
『高住経ネット 介護看護スタッフ支援コラム』 の中で、詳しく書いています。

よろしければご覧ください。





 






category: 介護事故 事業者の法的責任

TB: 0    CM: 2

コメント

的確な内容に感動しました。

これからも、このブログを見て勉強させて頂きます。

URL | まるさん #-

2012/11/14 05:43 * edit *

Re: 的確な内容に感動しました。

まるさん。
ブログを読ませていただきました。
私の思うことを11/23のブログに書かせていただきました。
よろしければ、ご覧下さい。

URL | 濱田孝一 #-

2012/11/23 20:05 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://coimo01.blog.fc2.com/tb.php/172-18287e05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。