FC2ブログ

『こいも』 日々思うあれこれ

あれこれ日々思うこと、考えることを、書いています。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

松田聖子さん 好きな歌は何ですか・・ 


ちょっとミーハーな話。。

『松田聖子さんが、再再婚されるそうな・・・』
先日、あるところで同年代の知人と話をしていて、そんな話になった。

松田聖子さんの、すごいところはどこか・・うたかたのように浮かんでは消える芸能界、女性アイドルの中で、なぜ30年の長きにわたって、支持され続けているのか・・・

昔はアイドルの歌でも、天才的に言葉を紡ぐ作詞家と、高い感性でメロディを刻む作曲家によって作られていた。作詞家と作曲家は、そのアイドルの雰囲気、キャラクターにあった曲を作り上げ、上手い下手は別にして、アイドルもそのイメージを大切に一生懸命に歌った。
子供たちは、それぞれ自分の好きなタイプ、雰囲気を持つアイドルに夢中になった。
特別ファンではなかったアイドルの歌でも、今でも、たくさん懐かしく覚えている。
アイドル全盛期、良い時代だったなぁ・・・

ただ、同じキャラクターの歌だけではどうしても限界がある。年齢を重ねる中で、どこかの時点でそのイメージからの脱却・転換を図らなければならない。しかし、それはそう簡単ではなく、次々と新しい、かわいいアイドルがでてくる。女性アイドルの寿命は短くなるのは、その役割上、仕方ないことなのかもしれない。

この中で、特殊だったのが松田聖子さん。聖子さんには、決められたイメージや風景がない。
残念ながら、平清盛での演技は、あまりほめられたものではない・・との評判だが、歌を歌えば、その歌のイメージ通りの年齢、性格の女性になり、その歌の風景をつれてくる。女子高生から30代、40代の女性の歌まで、また、優しい女性から気の強い女性まで、恋愛の始まりから悲しい別れ、その後の再開シーンまで、さまざまなタイプの女性になりきることができる。作詞家の松本隆さんを中心に、クリエーターも天才的だが、それをすべて演じられる、まさに大女優だと言える。

おじさんの悪い癖は、なにかにつけて、理由を分析したいところ・・・
ごちゃごちゃ講釈を聞いているんではないわい・・・ということで、
『聖子さんの歌で、どれが好き』 という話題で、大いに盛り上がった。

この手の話は、お互いの知識・好みによって話の展開・論点は大きく変わってくるし、当然、結論が導き出されるものでもない。実際は、お酒を飲みながらのグダグダの話なのだが、ちょっと今回は、歌にでてくる風景・シーンで、好きな歌をまとめてみる。

【パーティのある風景】 
  『WITH YOU』 //
    ♫ 今日のために買った真っ白な靴が踊りたがっているの Let me dance with you ♫  
  『今夜はソフィスケート』 //
    ♫ そうよこぼれないように踊るの、涙あふれないようにように踊るの ♫ 

【結婚のある風景】 
  『未来の花嫁』 //
     ♫ 答えは決めてある 胸の奥の引き出しの中 ♫  
  『チェルシーホテルのコーヒーハウス』 //
    ♫ もう何も言わないでね。 わたしそんなに鈍くない  ♫ 

【ドライブのある風景】 
  『星空のドライブ』 //
     ♫ 『ははーん』 あなたの計算も以外と単純ね  ♫  
  『硝子のプリズム』 //
    ♫ あだ名で呼び合った二人なのにね、名前にさんづける距離が悲しい  ♫ 


今回気づいたが、松田聖子さんの歌で何が好き?
という話をすると、話題が途切れず、のどが渇いてたくさんお酒を飲むことになる。
また、そのつど歌うので、他のお客に迷惑となり、酔っぱらってくると大声になるので恥ずかしい。
(今回は、他にお客さんがいなかったのでよかったけれど・・・・)

小皿たたいて 『赤いスイトピー』 を歌った。楽しかったなぁ・・・
で、皆さんの好きな歌は何だろう・・・

そうそう、最後になりましたが、ご結婚、おめでとうございます。








category: My favorite

TB: 0    CM: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://coimo01.blog.fc2.com/tb.php/141-0a7f8afb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。