FC2ブログ

『こいも』 日々思うあれこれ

あれこれ日々思うこと、考えることを、書いています。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

介護事故 事故報告書 の書き方 



前々回、事故報告書は、その介護施設・高齢者住宅のサービスの質・事業者の質を表すと書いた。
前回は、事故報告書に書くべきポイント・要点を記した。
今回は、事故報告書の書き方について述べたい。


事故報告書の書き方のポイントとして、2つを挙げたい。

まず一つは、検証だ。
介護施設・高齢者住宅で事故報告書が上手く欠けない理由、小さな介助ミスによる介護事故が無くならない理由、介護事故への対応が十分にできていない理由は、発生した事故に対して十分な検証ができていないことにある。

高齢者住宅の『介護事故』 の原因は一つではない。表面的な理由の裏には、必ず別の課題が隠れている。事故原因の分析が正確にできなければ、改善も何もない。
事故を起こした当事者が真剣に考えたとしても、それは技術・知識・経験に大きく左右されることになる。その人の思い込みだけで違う原因を挙げてしまえば、初期対応は正しく行われたのかが判断できなければ、その後の事故予防、拡大予防に繋がらず、ミスリードになってしまう。
建物設備や介護システム、介護マニュアルに問題があった場合でも、働き始めて1年未満のスタッフでは、そこまで思い及ばない。また、事故を起こしたスタッフが、自分の行為以外の原因に言及することは、『言い訳と思われるのではないか・・』 と考えてしまい進言・報告できない。
その結果、『目を離した隙に転倒、今度から目を離さないようにします・・』 といった何の原因分析も事故予防にも役立たない反省文のような事故報告書になるのだ。

事故報告書は反省文ではない。まずは、しっかり介護事故を検証することから始めなければならない。

当然、それは、一人ではできない。
事故の検証は、客観的な第三者である主任やリーダーが中心となって、当該事故を発生させたスタッフ、発見したスタッフ、初期対応に関わったスタッフが共同で行うものだ。

この事故の検証は、緊急対応・初期対応が終わった後速やかに、他の業務に優先して行わなければならない。時間が経過すると、緊張感が失われてしまい、記憶が曖昧になってくる。 また、『嘘をつく』という意識がなくても、当事者の都合の良いように記憶は修正されていく。一人で考えながら書く報告書、2~3日が経過してから出てくる報告書は、その時点で、事実から遠くかけ離れている可能性が高いのだ。

当然、この検証作業は、楽しいものではない。
事故を防げなかった、事故を発生させたことから、真面目で一生懸命なスタッフほど自分を責めている。
大事故に至らなくても、一歩間違えば、死亡事故に発展するケースなどでは、介護が不安になり、ショックで泣いているスタッフを何人も見てきた。

ただ、検証の目的は責任を追及することではない。原因を追求して、その綻びを修正することだ。
人は誰でもミスをするし、ミスがなくても事故は発生する。怪我の有無・大小に関わらず、事故の原因を究明して、対応策を強化することでしか、新たな事故の発生を予防することはできない。不幸にも発生した介護事故だが、それは検証・整理して、全スタッフの共有財産としなければならない。
事故の状況を思い出すことはつらいことだが、その考えを各スタッフにしっかりと伝え、スタッフへの気持ちのケアも行いながら、事故の検証はしっかりと行わなければならない。

行われた検証から出てきた事実が、そのまま『事故報告書』になる。
あれこれ考えながら書く必要など、どこにもないのだ。

事故報告書策定


もうひとつ大切なことは、報告書は誰が書くのかだ。
この報告者は、事故の第一発見者や事故を発生させたスタッフが書くのが当然だと思っている人が多いが、当事者が書くと、その技能・知識によって、その質・レベルに大きなバラツキがでてしまう。どうしても主観的な反省文のようになってしまい、サービス向上・リスクマネジメントの向上に大切な情報を生かせない。

また、事故報告書は、事故の状況や事故原因だけでなく、初期対応、家族への報告、予防対策まで検証・整理できなければ、意味がない。『発生状況の把握』 『初期対応とその課題』 『事故原因の分析』 『家族連絡とその応対』 『予防対策・関連部署との連携』 等がすべて整理でき、その実務を仕切れる人でないと書けないことがわかるだろう。

事故報告書は、検証をした主任・リーダーが作成するべきだと考えている。その上で当事者に確認を求めたほうが、精度の高いものになる。介護の知識・技術、経験が豊富で、その事業者のリスクマネジメントを理解・推進する中核スタッフが検証し、事故報告書を書けば、自分達の行っているサービスの課題・ほころびが明らかになり、スピーディでスムーズな対策が可能になる。



この検証の重要性・報告者について勉強会やセミナーで話をすると、事業者からは、「主任は忙しい・・」 という答えが返ってくる。
しかし、落ち着いて考えてほしい。 発生した介護事故やトラブルよりも優先しなければならない業務など何一つない。その事故の対応をおざなりにすれば事故は拡大し、更に大きな時間と労力を取られることになり、事故の種に対するスタッフの嗅覚は、どんどん落ちて行く。
最初は大変かもしれないが、小さな介護事故を通じて、事故やトラブルを原因を一つ一つ潰していけば、確実に未来の事故を大幅に減らすことができる。事故やトラブルが減れば、無駄な動きをする必要がなくなり、業務はスムーズに動くようになる。

また、検証を行う過程で、当該事故を起こしたスタッフも、立ち会ったスタッフも、介護事故に対する知識・技術が格段に向上する。次回、事故を発見したとき、他の事故に会ったとき、どうすれば良いか、何が事故対応で必要なのかを身をもって体験することになる。更に、キャリアアップ研修の中で、リスクマネジメントを推進し、事故報告書の検証役を任せられる中核スタッフが増えてくれば、全体のサービスの質も確実に向上するのだ。

介護事故は、避けたいリスクだが、避けられないリスクでもある。
それを、サービス向上・リスクマネジメント向上の種として育てるか、厄介者扱いをして蓋をするのかで、その後のスタッフのレベル・意識は大きく変わってくる。

その長期的視点からの安定期なシステムの構築が、経営管理・サービス管理ノウハウというものだ。
忙しいから、サービス向上できない、リスクマネジメントできないというのであれば、
経営コンサルタントとしては、 「そうですか・・」 というしかないのが。。。




介護事故・介護事故報告書の書き方については、
『高住経ネット 介護看護スタッフ支援コラム』 の中で、事例を踏まえて詳しく書いています。
よろしければご覧ください。




【関連コラム】
     『介護事故』をどのように捉えるのか 
     介護事故 事故報告書の書き方
     介護事故 事故報告書の書式について
     介護事故 事故報告書に表れる事業者のレベル


koujuu-1

koujuu-2









category: 介護事故 事故報告書について

TB: 0    CM: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://coimo01.blog.fc2.com/tb.php/124-a0ce850b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。